View on GitHub

kuroshiro

Japanese language library for converting Japanese sentence to Hiragana, Katakana or Romaji with furigana and okurigana modes supported.

kuroshiro

kuroshiro

Build Status Coverage Status npm version Join the chat at https://gitter.im/hexenq/kuroshiro License

kuroshiroは日本語文をローマ字や仮名なとに変換できるライブラリです。フリガナ・送り仮名の機能も搭載します。

ほかの言語:English, 日本語, 简体中文, 繁體中文

デモ

オンラインデモはこちらです。

特徴

バッジョン1.xでの重大な変更

形態素解析器プラグイン

始まる前にプラグインの適合性をチェックしてください

解析器 Node.js サポート ブラウザ サポート レポジトリ 開発者
Kuromoji kuroshiro-analyzer-kuromoji Hexen Qi
Mecab kuroshiro-analyzer-mecab Hexen Qi
Yahoo Web API kuroshiro-analyzer-yahoo-webapi Hexen Qi

使い方

Node.js (又はWebpackなどのモジュールバンドラを使ってる時)

npmでインストール:

$ npm install kuroshiro

kuroshiroをロードします:

ES6 Module import と CommonJS require、どちらでもOK

import Kuroshiro from "kuroshiro";

インスタンス化します:

const kuroshiro = new Kuroshiro();

形態素解析器のインスタンスを引数にしてkuroshiroを初期化する (API説明を参考にしてください):

// この例では,まずnpm installとimportを通じてkuromojiの形態素解析器を導入します
import KuromojiAnalyzer from "kuroshiro-analyzer-kuromoji";

// ...

// 初期化
// ここでasync/awaitを使ってますが, Promiseも使えます
await kuroshiro.init(new KuromojiAnalyzer());

変換の実行:

const result = await kuroshiro.convert("感じ取れたら手を繋ごう、重なるのは人生のライン and レミリア最高!", { to: "hiragana" });

ブラウザ

dist/kuroshiro.min.jsを導入し (その前にnpm installnpm run buildを通じてkuroshiro.min.jsを生成します)、そしてHTMLに:

<script src="url/to/kuroshiro.min.js"></script>

この例ではkuroshiro-analyzer-kuromoji.min.jsの導入は必要です。詳しくはkuroshiro-analyzer-kuromojiを参考にしてください

<script src="url/to/kuroshiro-analyzer-kuromoji.min.js"></script>

インスタンス化します:

var kuroshiro = new Kuroshiro();

形態素解析器のインスタンスを引数にしてkuroshiroを初期化するから,変換を実行します:

kuroshiro.init(new KuromojiAnalyzer({ dictPath: "url/to/dictFiles" }))
    .then(function () {
        return kuroshiro.convert("感じ取れたら手を繋ごう、重なるのは人生のライン and レミリア最高!", { to: "hiragana" });
    })
    .then(function(result){
        console.log(result);
    })

APIの説明

コンストラクタ

const kuroshiro = new Kuroshiro();

インスタンス関数

init(analyzer)

形態素解析器のインスタンスを引数にしてkuroshiroを初期化する。先に形態素解析器の導入と初期化は必要です。前述の形態素解析器プラグインを利用できます。形態素解析器の初期化方法は各自のドキュメントを参照してください。

引数

await kuroshiro.init(new KuromojiAnalyzer());

convert(str, [options])

文字列を目標音節文字に変換します(変換モードが設置できます)。

引数

オプション タイプ デフォルト値 説明
to String ‘hiragana’ 目標音節文字
hiragana (ひらがな),
katakana (カタカナ),
romaji (ローマ字)
mode String ‘normal’ 変換モード
normal (一般),
spaced (スペースで組み分け),
okurigana (送り仮名),
furigana (フリガナ)
romajiSystem* String “hepburn” ローマ字
nippon (日本式),
passport (パスポート式),
hepburn (ヘボン式)
delimiter_start String ’(‘ 区切り文字 (始め)
delimiter_end String ’)’ 区切り文字 (終り)

*: 引数romajiSystemは引数toromajiに設定されてる場合にのみ有効です。詳細については, ローマ字表記法を参考にしてください。

// normal (一般)
kuroshiro.convert("感じ取れたら手を繋ごう、重なるのは人生のライン and レミリア最高!", {mode:"okurigana", to:"hiragana"});
// 結果:かんじとれたらてをつなごう、かさなるのはじんせいのライン and レミリアさいこう!
// spaced (スペースで組み分け)
kuroshiro.convert("感じ取れたら手を繋ごう、重なるのは人生のライン and レミリア最高!", {mode:"okurigana", to:"hiragana"});
// 結果:かんじとれ たら て を つなご う 、 かさなる の は じんせい の ライン   and   レミ リア さいこう !
// okurigana (送り仮名)
kuroshiro.convert("感じ取れたら手を繋ごう、重なるのは人生のライン and レミリア最高!", {mode:"okurigana", to:"hiragana"});
// 結果: 感(かん)じ取(と)れたら手(て)を繋(つな)ごう、重(かさ)なるのは人生(じんせい)のライン and レミリア最高(さいこう)!
// furigana (フリガナ)
kuroshiro.convert("感じ取れたら手を繋ごう、重なるのは人生のライン and レミリア最高!", {mode:"furigana", to:"hiragana"});
// 結果: (かん)()れたら()(つな)ごう、(かさ)なるのは人生(じんせい)のライン and レミリア最高(さいこう)

実用ツール

const result = Kuroshiro.Util.isHiragana("あ"));

isHiragana(char)

入力文字はひらがなかどうかを判断します。

isKatakana(char)

入力文字はカタカナかどうかを判断します。

isKana(char)

入力文字は仮名かどうかを判断します。

isKanji(char)

入力文字は漢字かどうかを判断します。

isJapanese(char)

入力文字は日本語かどうかを判断します。

hasHiragana(str)

入力文字列にひらがながあるかどうかを確認する。

hasKatakana(str)

入力文字列にカタカナがあるかどうかを確認する。

hasKana(str)

入力文字列に仮名があるかどうかを確認する。

hasKanji(str)

入力文字列に漢字があるかどうかを確認する。

hasJapanese(str)

入力文字列に日本語があるかどうかを確認する。

kanaToHiragna(str)

入力仮名文字列をひらがなへ変換します。

kanaToKatakana(str)

入力仮名文字列をカタカナへ変換します。

kanaToRomaji(str, system)

入力仮名文字列をローマ字へ変換します。引数systemの指定可能値は"nippon", "passport", "hepburn" (デフォルト値: “hepburn”)

ローマ字表記法

kuroshiroは三種類のローマ字表記法をサポートします。

nippon: 日本式ローマ字。ISO 3602 Strict を参照。

passport: パスポート式ローマ字。 日本外務省が発表した ヘボン式ローマ字綴方表 を参照。

hepburn: ヘボン式ローマ字。BS 4812 : 1972 を参照。

各種ローマ字表の比較はこちらを参考にしてください。

ローマ字変換のお知らせ

フリガナは音声を正確にあらわしていないため、フリガナローマ字 に完全自動的に変換することは不可能です。(なぜフリガナではダメなのか?を参照)

そのゆえ、nipponhepburnのローマ字表記法を使って、フリガナ(仮名)-> ローマ字 変換を行うとき、kuroshiroは長音の処理を実行しません。(passport表記法そのものが長音を無視します)

例えばnippon passporthepburnのローマ字表記法を使って フリガナ->ローマ字 変換を行うと、それぞれ”kousi”、 “koshi”、 “koushi”が得られます。

フリガナモードを使うかどうかにかかわらず、漢字->ローマ字の変換はこの仕組みに影響を与えられないです。

貢献したい方

CONTRIBUTING を参考にしてみてください。

感謝

ライセンス

MIT